薄毛治療 harg

HARG療法って?

薄毛治療 harg

近年、新たな薄毛治療として大きな注目を集めているのが「HARG療法」です。
HARG療法は、

 

「発毛や育毛が期待できる治療を受けたい」
「効果がある程度持続する薄毛治療を探している」

 

といった方たちにはぴったりな治療方法です。

 

今回はHARG療法を受けることができるクリニックの紹介、そしてHARG療法の基本や特徴などを徹底します。

 

 

発毛や育毛効果を実感!HARG療法を受けられるクリニック【全国版】

 

HARG療法は自身で行うセルフケアと違って「発毛」や「育毛」の効果を期待できます。まずは全国各地にある知名度や評価の高い10クリニックの特徴、料金などをまとめました。現在、薄毛やAGAで悩む方はぜひ参考にしてください。

 

聖心美容クリニック
聖心美容クリニック

 

薄毛治療以外にも肌、ボディ、フェイスのケアを施してもらうことができる聖心美容クリニック。

 

肝心の薄毛療法ではKERASTEM(ケラステム)毛髪再生の治療を受けることができます。この治療は自身の脂肪から抽出した幹細胞を頭皮に注入するという方法です。幹細胞には細胞を再生する働きがあるため、発毛サイクルが止まった機能を再び動かすことができます。

 

ちなみにKERASTEM毛髪再生はアメリカで開発された治療法であり、聖心美容クリニックやイギリスでの臨床研究により、その有効性や安全性が確認されています。

 

血流改善、頭皮改善、頭皮内の炎症改善と複数の要素が絡み合うことで、正常な毛周期を取り戻すことが可能です。

 

料金

KERASTEM(ケラステム)毛髪再生:150万円(税抜)

 

治療対応院

札幌院/大宮院/東京院/横浜院/名古屋院/大阪院/広島院/福岡院

 

 

>>聖心美容クリニックの公式サイトはコチラ

 

 

水光HARG エルクリニック
水光HARG エルクリニック

 

成長因子(薬剤)を頭皮に注入し、発毛や育毛を促す治療を受けることができる水光HARGエルクリニック。

 

産毛が生えている箇所ならほとんどの場合、毛髪の再生が可能であるため、過去の薄毛治療でまったく効果が実感できなかったという方からも支持されています。

 

毛母細胞を活発化させる万能細胞「AAPE」の活用によって、髪の成長サイクルを正常に戻すことができます。

 

また、水光HAERGクリニックはアンチエイジングを基本とした治療を得意としているため、肌にも優しいきめ細やかな施術を施してもらうことができるでしょう。水光HARG療法8回セットは1回あたりの施術が5万円(税抜)と非常に魅力的な料金になっています。

 

料金

水光HARG療法1回:7万7,800円(税抜)
水光HARG療法4回+1回サービス:18万5,200円(税抜)
水光HARG療法6回:34万4,500円(税抜)
水光HARG療法8回:37万400円(税抜)

 

治療対応院

銀座院/新宿院

 

 

>>水光HARG エルクリニックの公式サイトはコチラ

 

大宮中央クリニック
大宮中央クリニック

 

開院26年(2018年現在)の実績を誇る大宮中央クリニック。AGA、薄毛、抜け毛治療を目的としている大宮中央クリニックでは「育毛」「発毛」の2大ポイントに力を入れています。人間の組織の中心的役割を担う幹細胞から抽出した成長因子やビタミン、血管拡張剤など150種類を超える成分を頭皮に直接注入し、発毛や育毛の促進を促します。

 

HARG療法の治療を行うのに必要な日本医療毛髪再生研究会の認定も受けており、効果と安全性の高さを希望する方にはぴったりです。過去には美容外科、皮膚科の口コミランキングでも「人気度1位」「満足度1位」を獲得しており、県内のみならず東京や神奈川など県外からも多数の方が来院しています。

 

料金

ハーグ療法1/3
【トライアル】8万円(税抜)
【通常1回】12万円(税抜)

 

ハーグ療法2/3
【トライアル】10万円(税抜)
【通常1回】15万円(税抜)

 

ハーグ療法3/3
【トライアル】12万円(税抜)
【通常1回】18万円(税抜)

 

治療対応院

本院のみ

 

 

>>大宮中央クリニックの公式サイトはコチラ

 

 

横浜中央クリニック
横浜中央クリニック

 

日本医療毛髪再生研究会認定施設、日本形成外科学会認定専門医と医療の専門機関からもその高い実績が認められている横浜中央クリニック。幹細胞から抽出された150種類以上の成長因子を直接頭皮に注入し、発毛や育毛を促します。

 

また、同時にビタミンB、ブフロメシル、システィンを配合したHAEGカクテルも注入するため、毛母細胞を強力に刺激し、毛包を蘇らせることが可能です。ちなみに横浜中央クリニックのHARG療法では新しい治療法として「MEDJET(メドジェット)」を導入しています。

 

この治療法は痛みが少ないため、治療の痛みが苦手、苦痛という方でも気軽に施術を受けることができます。HARG療法とセットで治療を受けると、大きな効果を発揮するLEDライトセラピー(光で毛の成長を促進)も注目です。

 

料金

ハーグ療法1/3 発毛治療
【トライアル】8万円
【1回】12万円

 

ハーグ療法2/3 発毛治療
【トライアル】10万円
【1回】15万円

 

ハーグ療法3/3 発毛治療
【トライアル】12万円
【1回】18万円

 

治療対応院

本院のみ

 

 

 

>>横浜中央クリニックの公式サイトはコチラ

 

ゴリラクリニック
ゴリラクリニック

 

東京都内を中心に横浜、名古屋、大阪、福岡と全国の主要都市にクリニックを持つゴリラクリニック。男性専門の総合美容クリニックとして高い評価を得ており、男性特有のAGAや薄毛の治療を本格的に行っています。

 

「初診・再診料は無料」「痛みを大幅に軽減」「明確な料金プラン」「患者1人、1人に合わせたオーダーメイドプラン」と薄毛治療が初めての方でも来院しやすい環境を整えているのが魅力的です。

 

幹細胞培養過程から抽出されるサイトカインを頭皮に注入することで、頭皮に眠っている幹細胞を刺激し、発毛へと導きます。

 

有効成分を均一な「深さ」「密度」「速度」「量」で頭皮に注入することができる医療機器「ニューラジェット」を導入しており、注入ミスの心配も不要です。

 

料金

HARG注入療法(1回):10万円(税抜)
※42回払い:月々3,000円(税込)

 

HARG注入療法(6回コース):48万円(税抜)
※60回払い:月々1万700円(税込)

 

HARG注入療法(12回コース):84万円
※60回払い:月々1万8,800円(税込)

 

治療対応院

新宿本院/池袋院/銀座院/上野院/横浜院/名古屋栄院/大阪梅田院/福岡天神院

 

 

>>ゴリラクリニックの公式サイトはコチラ

 

秋葉原中央クリニック
秋葉原中央クリニック

 

AGA、円形脱毛症、びまん性脱毛症、FAGAなどさまざまな薄毛の悩みを解消できる秋葉原中央クリニック。医院には医師の他にも毛髪診断士、「まつ毛マイスター」の有資格者正看護師、美容師資格を取得しているスタッフが在籍しており、安心、安全な治療を施してもらうことができます。

 

薄毛のほとんどの原因は毛周期(ヘアサイクル)の乱れであり、秋葉原中央クリニックでは毛乳頭や毛母細胞を活性化させて発毛や育毛を促進します。

 

1人、1人に合わせた最適な治療プランを提案してくれますので、わずか3ヶ月で発毛の効果が実感できたという声もよく聞かれます。

 

料金

ハーグ療法1/3
【トライアル】8万円(税抜)
【通常1回】12万円(税抜)

 

ハーグ療法2/3
【トライアル】10万円(税抜)
【通常1回】15万円(税抜)

 

ハーグ療法3/3
【トライアル】12万円(税抜)
【通常1回】18万円(税抜)

 

治療対応院

本院のみ

 

 

>>秋葉原中央クリニックの公式サイトはコチラ

 

川崎中央クリニック
川崎中央クリニック

 

AGA、薄毛、抜け毛の本格的な治療を受けることができる川崎中央クリニック。初回診察、カウンセリング料が無料であり、初めての方でも来院しやすいのが魅力的です。

 

また川崎中央クリニックではマイクロスコープや顕微鏡を使用して、髪の健康診断を行っており、頭皮の状態や毛穴の詰まり具合などを正確に把握し、治療に役立てています。その他、DNA遺伝子検査も実施しており、AGAと遺伝の関係性を把握することも可能です。

 

施術を行う医師やカウンセラーは男性ですので、女性スタッフに薄毛の悩みを相談するのに抵抗があるという方などにも支持されています。HARG療法も150種類の成長因子を駆使し、高い効果と安全性を誇っています。

 

料金

HARG療法(頭皮の1/3の範囲)
【1回】8万円(税抜)

 

治療対応院

本院のみ

 

 

>>川崎中央クリニックの公式サイトはコチラ

 

大阪梅田中央クリニック
大阪梅田中央クリニック

 

大阪駅ヨドバシ梅田出口より徒歩5分、阪急梅田駅茶屋町出口より徒歩1分とアクセスも良好な大阪梅田中央クリニック。「カウンセリング予約→受付・問診の記入→専門医師による診察→カウンセリング→治療・通院」というステップを経て、徐々にAGAや薄毛の悩みを改善していきます。

 

大阪梅田中央クリニックの公式サイトではAGAや薄毛の原因が細かく記載されているため、自然とHARG療法の必要性も深く理解することができます。

 

薄毛専門のカウンセラーと医師が1人、1人に合った治療法を提案してくれますので、薄毛の原因がわからないという方などは、無料のカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

 

料金

ハーグ療法1/3:8万円(税抜)

 

ハーグ療法2/3:10万円(税抜)

 

ハーグ療法3/3:12万円(税抜)

 

治療対応院

本院のみ

 

 

>>大阪梅田中央クリニックの公式サイトはコチラ

 

福岡博多駅前通中央クリニック
福岡博多駅前通中央クリニック

 

2018年現在、テレビCMも放送されており、薄毛で悩む多くの方から注目を集めている福岡博多駅前通中央クリニック。顕微鏡とマイクロスコープを使って、現在の毛根状態を正確に把握できるため、適切な治療プランを患者1人、1人に提案できるのが大きな強みです。

 

もちろん最先端薄毛治療のHARG療法も受けることができ、追加料金を支払うことで毛髪再生に必要な成分が凝縮されたメソヘアーも注入してもらえます。炭酸ガスの噴射による圧力で先端30ミクロン(0.03mm)の穴から薬剤を注入するMEDJET(メドジェット)は、針を使わない治療法で、痛みが苦手な人にも支持されています。

 

料金

HARG療法(頭皮の1/3の範囲)
【1回】12万円(税抜)
【6回セット】48万円(税抜)
【トライアル】8万円(税抜)

 

HARG療法(頭皮の2/3の範囲)
【1回】15万円(税抜)
【6回セット】60万円(税抜)
【トライアル】10万円(税抜)

 

ハーグ療法+メソヘアー(頭皮の1/3の範囲)
【1回】プラス3万円(税抜)

 

ハーグ療法+メソヘアー(頭皮の2/3の範囲)
【1回】プラス5万円(税抜)

 

MEDJET(メドジェット)
【1回】プラス3,000円(税抜)
【6回】プラス1万5,000円(税抜)

 

治療対応院

本院のみ

 

 

 

>>福岡博多駅前通中央クリニッククの公式サイトはコチラ

 

鹿児島三井中央クリニック
鹿児島三井中央クリニック

 

男性、女性の性別や年齢に関係なく、発毛や育毛に悩みを抱えている方に寄り添っている鹿児島三井中央クリニック。鹿児島県内でHARG療法の治療を受けられる数少ないクリニックだけあり、年間を通して頭髪の悩みを抱えた方が多く来院されます。

 

また鹿児島三井中央クリニックは全国で約20のクリニックを展開している中央クリニックのグループ院であり、信頼度も抜群です。完全予約制で他の患者さんと顔を合わせることがないような配慮がなされていますので、プライバシー保護を重視する方にもおすすめです。

 

150種類以上の成長因子とビタミンB、ブフロメシル、システィンが含まれたメソヘアーカクテルを注入するHARG療法は3回〜4回の施術で徐々に効果が現れるという声が多いようです。

 

料金

ハーグ療法1/3
【トライアル】8万円(税抜)
【1回】12万円(税抜)
【6回】48万円(税抜)
【6回集中コース】72万円(税抜)

 

ハーグ療法2/3
【トライアル】10万円(税抜)
【1回】15万円(税抜)
【6回】60万円(税抜)
【6回集中コース】90万円(税抜)

 

ハーグ療法3/3
【トライアル】12万円(税抜)
【1回】18万円(税抜)
【6回】72万円(税抜)
【6回集中コース】108万円(税抜)

 

治療対応院

本院のみ

 

 

>>鹿児島三井中央クリニックの公式サイトはコチラ

 

 

 

 

薄毛になる主な原因

 

HARG療法を詳しく知る前に「なぜ薄毛に悩まされる人がいるのか?」という疑問をおさらいしておきましょう。薄毛が進行する主な原因は以下の3つです。

 

遺伝

薄毛治療 harg

過去に薄毛の遺伝の有無は何度も議論されてきましたが、多くの専門家(医院やクリニック)は「薄毛は遺伝する可能性が高い」と述べています。薄毛のテーマになると必ず取り上げられる症状のひとつに「AGA(男性型脱毛症)」があります。

 

実はこのAGAは遺伝の影響を最も受ける症状といわれており、その確率は25%前後と考えられています。つまり約4人に1人の確率でAGAは遺伝するということです。薄毛の遺伝子はひとつだけで決まるわけではありませんが、男性の場合は一般的に母方の父、母の遺伝情報を強く受け継ぐため、母方の祖父が薄毛遺伝子を持っている場合は注意が必要となります。

 

ちなみに女性の場合は男性特有の症状であるAGAは発症しないと考えられています。しかし、女性は薄毛の遺伝子を両親から受け継ぐ可能性があります。厳密にいうと薄毛の遺伝子が含まれているX染色体を両親から受け継ぐことになるため、男性よりも薄毛の遺伝子を持っている可能性が高いといわれています。女性のAGAとも呼ばれるFAGA(女性男性性脱毛症)は全体的に頭髪が細く弱まり、薄くなるという特徴があります。

 

現在、頭髪がこのような状態で悩まされている方は両親や祖父母の髪の状態をチェックしてみましょう。もし、身内に薄毛の人がいる場合は遺伝によって薄毛を引き起こしている可能性が高いです。

 

男性ホルモンによる影響

薄毛治療 harg

男性ホルモンの分泌状況も薄毛と密接な関係にあります。男性ホルモンは髭や体毛などの成長を促し、男性らしい体を作るのに必須となるホルモンです。しかし、この物質は頭髪にとっては逆効果となり、毛根の毛母細胞内でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わります。この影響で毛母細胞を委縮させるため、髪の成長を阻害させてしまうと考えられています。

 

ちなみに男性ホルモンは女性の体内にも存在します。通常、女性の体内は女性ホルモンが優勢となっているため、男性ホルモンの影響を受けて薄毛が進行することはありません。

 

ところが加齢やその他の影響により、女性ホルモンの分泌量が低下すると体内は男性ホルモンが優勢な状態となります。この結果、女性特有の薄毛であるFAGAを発症する確率が高くなります。

 

ストレスや生活習慣の乱れ

薄毛治療 harg

薄毛はストレスや生活習慣の乱れからも引き起こされます。精神的なストレスは自律神経のバランスを乱したり、体の弱い部分に悪影響を与える可能性が高いです。

 

自律神経に乱れが生じると筋肉が緊張状態になり、血管の収縮を起こします。血管の収縮が起きるということは血行の流れを阻害させるということです。血行不良は食事から摂取した髪の成長をサポートする栄養素が毛乳頭に届かなくなる恐れがあります。この影響により、頭髪の成長が停滞することになります。

 

その他、栄養バランスの偏った食生活は髪の成長に必要な栄養素が不足する恐れがあるため、薄毛を招く可能性が高くなります。また睡眠不足は髪が最も成長するのに大切な成長ホルモンの分泌を妨げるデメリットもあります。

 

最先端の薄毛治療「HARG(ハーグ)療法」の特徴

 

前述のように薄毛になる要因は複数あり、それぞれに適切な治療法も異なってきます。この薄毛の原因すべてに対応できるとされているのが、現在最先端の薄毛治療として注目を集めているHARG療法です。ここでは薄毛に悩む多くの方から支持されているHARG療法の主な特徴をご紹介します。

 

成長因子を含んだHARGカクテルを注入

 

HARG療法では治療時にHARGカクテルと呼ばれるものを頭皮に注入します。このHARGカクテルには毛髪の再生に必要不可欠な各種ビタミン、タンパク質、アミノ酸成分が含まれています。

 

また、この他にも毛母細胞を刺激し、細胞分裂を促す役割を持つ成長因子を150種類以上ブレンドしています。ちなみにこの成長因子は人間の組織の中心的役割を担う「幹細胞」から抽出されています。幹細胞は組織の再生などを担う細胞と考えられているため、何かしらの原因により止まってしまった毛周期のサイクルを正常に戻す効果が期待されています。

 

クリニックによっては患者1人、1人の症状に合わせてHARGカクテルの調合を行なっているため、治療を受けてから「まったく効果がなかった」となる可能性も低いです。

 

発毛効果が期待できる

 

HARG療法は薄毛で悩む方すべてが希望する発毛効果が期待できます。頭髪が生えて抜け落ち、その後また新しい髪の毛が生えてくる循環のことを毛周期と呼びます。毛周期は以下の3つの時期で構成されています。

 

薄毛治療 harg

  • 成長期
  •  

  • 退行期
  •  

  • 休止期

 

 

成長期とは文字通り髪の毛が成長し、伸びている時期のことを指します。この時期は細胞分裂が活発に行われており、食事から摂取したタンパク質などの栄養素が変化して新しい髪の毛を生み出します。退行期は髪の毛の成長が止まり、毛根が小さくなっていく時期、休止期は毛根が縮小し、抜けるのを待つ時期となります。寿命を終えた古い髪の毛は抜けていき、再び成長期に戻るという過程を経ます。

 

この毛周期のサイクルには個人差がありますが、男性で約3年〜5年、女性で約4年〜6年といわれています。しかし、何かしらの原因で毛母細胞の機能が低下した方は成長、退行、休止のサイクルが滞っているため、髪が成長しない状態になっています。

 

HARG療法は毛母細胞に直接アプローチをかけることができる治療法であるため、髪の成長のスイッチを「ON」にします。この効果によって正常な毛周期を取り戻すことができ、順調な発毛を促します。

 

育毛効果が期待できる

薄毛治療 harg

HARG療法では発毛効果によって生えた髪を「長く太く成長させる」という育毛効果も期待されています。髪は細胞分裂を繰り返すことで成長しますが、細胞分裂を活発にするには良質な栄養素が十分に供給される必要があります。

 

前述のようにHARGカクテルには育毛に必要な成分を多数配合しているため、髪を生やすだけではなく、髪を成長させることも可能です。またHERGカクテルに含まれるAAPE(成長因子)は細胞分裂の指示を出す毛乳頭の活性化も促しますから、十分な栄養素の供給と活発な細胞分裂のW効果が期待できます。

 

HARG療法とAGAの薬品治療の違いは?

AGAで悩む方に注目されている治療法のひとつに薬品治療があります。近年、HARG療法という新たな治療法が注目される中で「HARG療法とAGAの薬品治療の違いは何なの?」という疑問を持つ方も増加傾向にあります。ここではHARG療法とAGAの薬品治療の違いを2つまとめましたのでご覧ください。

 

発毛・育毛効果

薄毛治療 harg

AGAの薬品治療で使われるフィナステリドやデュタステリドはAGAによる脱毛を抑制する効果があります。

 

AGAはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンと5aリラクターゼ(1型・2型)が結びつくことで返還されるジヒドロテストステロンが髪の成長を阻害し、脱毛を進行させる症状です。前述のフィナステリドやデュタステリドはテストステロンと5aリラクターゼの結合を防ぐことで、脱毛の進行をストップさせます。薄毛初期のケースであればフィナステリドやデュタステリドの効果で発毛サイクルを正常に戻すことは可能です。

 

しかし、AGAが一定以上のレベルに達すると、脱毛の進行を止める薬だけでは改善が難しくなります。一定以上のレベルに達したAGAには「発毛」「育毛」の効果が期待できる治療を施す必要があります。ARG療法は多数の成長因子、髪に必要な成分を配合しており、発毛と育毛のW効果が期待できます。つまりAGAが進行した状態でも、時間をかけることで薄毛の改善を見込めるということです。

 

AGAの薬品治療でもミキノシジルといった発毛や育毛に一定の効果を見込める薬が使われます。しかし、薬品治療の場合は、効果の持続期間が非常に短いため、場合によっては高い料金を払って何度もクリニックに通わなければならない可能性があります。

 

このような理由から「AGAがかなり進行した方」「クリニックに通う回数を少なくしたい方」などには、HARG療法がおすすめとされています。特に通常のAGA薬品治療で一向に効果が現れない方は、AGAの症状が深く進行している可能性が高いため、HARG療法を提供するクリニックに相談することも検討しておきましょう。

 

HARG療法は女性でも安心して受けることができる

薄毛治療 harg

HARG療法は薬品を使用しない治療法となるため、女性でも安心して受けることができます。実は女性の場合は男性が受けるAGAの薬品治療を受けることができません。

 

前述のようにAGAの薬品治療ではプロペシア(フィナステリド)を服用することになりますが、この薬品は男性のみ服用可能というルールがあります。これは女性がプロペシアを服用すると危険な副作用を及ぼす可能性があるからです。特に妊娠中や授乳中の女性がプロペシアを服用すると、胎児や乳児が男児であった場合、生殖器の発育に悪影響を与えるといわれています。その理由ですが、男性生殖器の形成には男性ホルモンのジヒドロテストステロンが関与しており、プロペシアを服用することで、ジヒドロテストステロンの生成が阻害されるためです。

 

ちなみにプロペシアは女性だけでなく、未成年の男性の服用も推奨されていません。このような理由から薄毛で悩む女性は「クリニックで本格的な治療を受けることができない…」と悩む傾向にあります。HARG療法で使われるHARGカクテルはヒト由来の細胞から抽出されており、非常に安全性が高いため、女性でも気軽に治療を受けることができます。

 

HARG療法の主な治療方法

 

HARG療法はHARGカクテルを頭皮に注入していくことになりますが、具体的にはどのような形で治療を施していくのでしょうか?ここではHARG療法の主な治療法を3つご紹介します。

 

パピュール法

パピュール法とは注射針を使用して、頭皮に薬剤を注入する方法です。HARG療法の中では最もポピュラーな治療法といわれており、表皮と真皮の間に有効成分を浸透させます。

 

注射針を使用するため、治療の際に若干の痛みを伴うこともありますが、最近はHARGカクテルの改良も進んでおり、従来よりも負担が軽くなっているという声も聞かれます。まれに毛膿炎が発生したり、軽度な出血を伴うこともありますが、大抵の場合は数時間〜数日で回復します。

 

エレクトロポレーション

エレクトロポレーションとは注射器を使わずに、薬剤を注入していく方法です。エレクトロポレーションは電気穿孔法(でんきせんこうほう)とも呼ばれており、表皮にある細胞に小さな穴を開けて、必要な成分を注入していきます。

 

この治療法は注射針を使用しないため、痛みも少ないのがメリットです。また、体内にしっかりと有効成分を浸透させることができるため、パピュール法と同様の効果も期待できます。まれに肌にピリピリとした違和感を覚えることがありますが、大抵の方は数時間〜数日程度で回復傾向に向かいます。

 

フラクショナルレーザー法

フラクショナルレーザー法は文字通り、レーザーを使用して皮膚に穴を開ける方法です。レーザーと聞くとどうしても脱毛をイメージしてしまい、強烈な痛みを伴う治療法と思い込んでしまう方が多いです。

 

しかし、HARG療法で行なうレーザー治療は痛みが少ないのが特徴です。また皮膚に穴を開けるといっても、実際には肉眼では確認できないほどの小さな穴なので、脱毛サロンなどで受ける全身脱毛と違って照射範囲が非常に狭いのが特徴です。

 

ちなみにフラクショナルレーザー法で使用する機器はお肌の若返りや美肌治療などでも使用されていますので、肌の健康状態にも配慮した作りになっています。

 

レーザーを照射することで、熱エネルギーが送り込まれ、自然治癒力(ケガなどを治す力)を促進させる効果もあります。このような理由からフラクショナルレーザー法は有効成分の浸透力が高いとされています。HARG療法の中でも新しい治療法として注目を集めつつありますが、パピュール法などと比較すると発毛効果が実感できるまで、治療回数がかさんでしまうこともあります。

 

また個人差はありますが、治療後は肌の痛み、赤み、色素沈着が見られることがあります。これらの症状は通常、数時間〜数日程度で収まります。

 

HARG療法Q&A

治療期間はどれぐらい?

薄毛治療はどのような方法を試みても1回の来院で完了することはありません。そのため、多くの方は「HARG療法の治療期間は?」という疑問を抱えています。HARG療法の治療期間ですが、ここで正確な数字を出すのは難しいです。

 

と、いうのも治療期間は「薄毛の状態」「性別」「年齢」などによって、大きく異なるためです。薄毛の状態が悪化している方であれば、毛周期を正常に戻すまでの期間も延びますし、毛乳頭の機能を回復させるのにも時間がかかる可能性が高いです。

 

このような理由からHARG療法の正確な治療期間を伝えるのは困難です。ただし、良心的なクリニック等で治療を受けた方の場合、3ヶ月前後で発毛が認められたというケースが多いです。

 

もちろんこれはあくまでも目安であり、中には1ヶ月で効果が実感できたという方もいれば、1年間辛抱してようやく効果があったという方もいます。HARG療法では発毛するまでに「1ヶ月に1回の通院」を推奨されることが多く、発毛以後は「2ヶ月に1回程度の通院」に切り替えるのが一般的とされています。

 

この通院頻度や回数に関しても現在の頭皮の状態やクリニックによって異なりますので、疑問点や不安点がある場合は、必ず納得するまで相談するようにしましょう。

 

HARG療法は痛いの?

HARG療法は皮膚に穴を開ける行為を伴うため、多くの方は痛みに関して不安を抱えがちです。先ほどのHARG療法の治療方法でも簡単に解説しましたが、HARG療法は「まったくの無痛」というわけではありません。

 

やはり注射針、電気、レーザーなどを使用する以上は多少の痛みを伴う可能性が高いです。また痛みの程度は主観的な要素が大きいため、周りの人が「痛くない」といっても、実際に受けると「私は痛かった」と感じる方もいます。そのため、極端に痛みが苦手、弱いという方は医師などに相談して、麻酔を施してもらうのがよいでしょう。

 

副作用はあるの?

クリニックで治療を受けるのをためらってしまう方の多くは「副作用」の不安を抱えています。副作用はときに自身の健康状態を著しく悪化させてしまうこともありますので、事前に受ける治療の副作用の有無は確認しておきたいところです。HAEG療法ではさまざまな成分が配合されたカクテルを注入しますが、現在のところ副作用が生じたという報告はなされていません。

 

HARG療法で使用する成分は培養した脂肪幹細胞から抽出したタンパク質をろ過したものであり、細菌やウイルス検査にも万全を期しています。またアレルギー起因物質も含まないため、アレルギー体質の方でも安心して治療を受けることができます。

 

 

HARG療法の費用相場

薄毛治療 harg

HARG療法にかかる費用は各クリニック、医療機関で異なります。HARG療法の治療は1クール6回ほどで行うのが基本であり、1回の施術にかかる費用相場は約10万円〜20万円ほどとなっています。

 

もちろんこの費用相場はあくまでも目安であり、地方などに行くと相場より安いクリニックもありますし、逆に有名クリニックだと平均を遥かに上回る費用が発生することになります。1回の施術が10万円の場合だと1クール(6回)で60万円、1回の施術が20万円だとすると1クール(6回)で120万円がかかります。1クールで数十万円もの差が生まれるため、HARG療法を受けるクリニックは慎重に選ぶようにしましょう。

 

もちろんクリニックを選ぶときは料金だけではなく、評判や効果の有無などもチェックし、総合的に判断することが大切です。
ドキドキ((〃゚艸゚))ドキドキ

HARG療法を受けるときの注意点

 

HARG療法は数多くのメリットをもたらす薄毛治療です。しかし、治療を受ける際には注意しておきたいポイントもあります。ここではHARG療法の主な注意点を3つまとめましたので解説します。

 

パーマやカラーリングは治療前後2週間は避ける

HARG療法を受けるときに注意しておきたい点はパーマやカラーリングです。現代社会ではオシャレ目的や白髪を隠す目的でパーマ、カラーリングを施す方が多いですが、HARG療法を検討している方は、治療前後2週間のパーマやカラーリングはやめておきましょう。

 

パーマやカラーリングは頭皮に負担がかかる薬剤を使用しているため、治療箇所にダメージを与えてしまう可能性が高いです。この結果、HARG療法を受けたあとに、炎症を引き起こしてしまう可能性があります。

 

施術後6時間以内の洗髪は避ける

これは各医療機関でも呼び掛けていることですが、施術当日の洗髪は治療から6時間以上の時間を空けるようにしましょう。施術後すぐの皮膚は非常に敏感な状態にあります。

 

この状態で洗髪時に万が一、爪や指などで強く刺激してしまった場合、皮膚にはさらに大きな負担がかかり、炎症を引き起こしてしまう可能性もあります。最低でも6時間以上の間隔を空けるようにしておきましょう。

 

規則正しい生活習慣を意識する

HARG療法は発毛、育毛効果が持続しやすい治療法です。しかし、不規則な生活習慣が続き、血行不良やホルモンバランスの乱れなどを誘発させてしまうと、その効果は半減してしまいます。発毛、育毛の基本は健康状態を良好に保ち、髪の成長に必要な各機能を正常な状態にしておくことです。

 

また頭皮や髪に良い影響を与える栄養素(タンパク質、アミノ酸、ミネラル、ビタミン、亜鉛など)をしっかり摂取することが大切です。もちろん過度な飲酒や喫煙も控えるのが好ましいです。

 

まとめ

薄毛治療 harg

 

HARG療法はAGAの投薬治療よりも「発毛」「育毛」「効果の持続期間」に優れているのが特徴です。またHARG療法は全国にある医療機関の中でも日本医療毛髪再生研究会に認定された施設でしか行うことができません。

 

最近は偽物のHARG療法の問題も取り上げられているため、これからHARG療法を検討している方は十分な注意が必要です。今回ご紹介した10クリニックはすべてHARG療法の認定施設であり、本物のHARG療法の施術を受けることができます。

 

現在、薄毛やAGAで悩んでいる方、過去に数々の薄毛治療を試したものの効果がなかった方などはぜひ参考にしてください。